2015年十本も観ない計画映画寸評

▼▲▼▼▲▼
◆タイトルクリックで「2015年十本も観ない計画映画らんきんぐ」のランクに跳びます◆
あ行

アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48

いいドキュメンタリィ映画。知らない子が出てきても、だって!ドキュメンタリィ映画って、別に全員を知ってる客だけが観にくる訳ぢゃなし!ってことを解って創られている、ので、心配不要で観れる。『51のリアル』に通じる、生ならでは、インタヴュウならではの映像になってるのでぢうヴんに、感動的には捉えられる。ただ。観終えて、さて現実に立ち返ると、そんなにはSKEの子たちって活躍してないよね? あんなに「頑張ってる」「成功している」ように描かれていたのにね?と戸惑う。つまり、「新曲に選抜される」ことと「スッティヂに立つためのレッスン」ばっっかしが重要視されているんだ、SKEの、アイドルの、活動って、それだけぢゃないぢゃん。この2つで受け容れるのは既存の、劇場に来る客に限られるぢゃん。一般には訴えてこないぢゃん!?って内容を、映画だから、いかにも一般性があるみたいに描いているのだ。そんなこと、映画ならあっったり前のことで当然で、現実と乖離していようとデホルメ、強調、取捨選択して「映画作品として成立」させられてたらその方が「映画としての価値」はある訳だ。事実がどうであれ。ということを氣づかせてくれたよ!!

オール・ユー・ニード・イズ・キル

ちょう面白い! けど、終いまで観ゆと、すなーち「太ももにナンラカのマッシーンをぶっ挿す」以降は、予定されていた流れとは言え、失速感?を補うために無茶苦茶しはぢめるなあ! まあ、考えてみたらフツーの映画つーか物語だったら、そっから先だけで語られている訳だからなあ?と、観つつ、それまでのノリを必死に修正しないとなんない(笑)。と思ってるとラストがあー(笑)だ、それは「今までに出てきてないルール」だろう!?とアンフェワの誹りを放とう!と思うと、いや待て(笑)と。前半の出鱈目な新ルールを認めておいて、あの2人に会うまでは無条件で受け容れておいて、2人に会ったからいちようの理屈(笑)を聞いて納得して観てきて、さあ、ラストもおんなじですよ? ただルールを明文化してないだけで、受け容れたらどうですか? みんなの大好きな「すべてが巧くいくハッピィエンド」でしょう?これ?、って言ってるんだ、ずっちぃなあ!!(笑) 「面白かったから何でもいいや」という人向け。
さ行

好きっていいなよ。

なんも起こらんのかいッ。パン屋のストーカを選ばないでいきなしちゅうをする奴を選ぶというその理由はルックスですか<マメりんのお腹にしわしわしわがあったのはその示唆か。つまりはスウィートで順風な(満帆ではない時がある、というだけ)ラヴストーリィだ、川口春奈が可愛くなかったらニドと観ない<あッ、また観ゆ氣かッ!?(多ヴん観ない)
は行

ベイマックス

予告のコマーシアルではびた一縷もびた一抹もびた一片もびた一瞥も食指がいのかなかった、んだが、観てみたら。ああ、「私憤を私怨で中和する」話か、これならオーケィ。なんでとっとこ島に行って装置を盗ってこないのか?とか、都合のいい点が幾つかある、にはある、けど、まあ。漫画だから(笑)<うわあ。絵とデザインと動きが綺麗だから、やっぱき、アニメイシオンはこーでねいと!と思う。
▼▲▼▼▲▼