神聖麺食帝国

 ていとく&むしゅふしゅの食べ歩きの記録です。麺食(さぬきうどん、ラーメン等)に偏っています。
それぞれの食べ物については、もっと深く知りたい方には
素晴らしいウェブサイトがたくさんありますので、リンクを参照して下さい。



さぬきうどん食べ歩記豊明麺類マップ近場の麺食記
last updated 00/01/19
★new! 00/01/19★

豊明麺類マップ 「アイヌ娘」(阿野町)☆

 豊明麺類マップ作成の一環。むしゅふしゅが用事で名古屋に出たので、夕食をここで取ることに。
 ここは、国道一号線沿いに昔からある店で、「結構美味しい」という評判のある店。「P.S.愛してる」に、「タクシーの運ちゃんが旨いと推薦する店」で出たことがあるようです。
 外見も内装も、昔の街道のラーメン屋さんという感じ。
 サッポロラーメンの名前にふさわしく? 頼んだ「醤油ラーメン」「塩ラーメン」には、ちゃんとトウモロコシが入っていました。
 面白いのは、それぞれメンマやチャーシューのかわりに、さっと北京鍋で炒めた、野菜と豚肉の炒め物が…(チャーシュー麺も、メニューにはありました)。麺は普通の縮れ麺。
 お味の方は、塩はそれなりにさっぱりいただけましたが、醤油は独特の醤油味がちょっと…。
 思うに、昔のこんなにラーメン屋さんがなかった時代には、さっと炒めた野菜が入って500円を切る価格、というのは非常な魅力だったのでしょう。そう言う意味で、普通の中華料理屋さんの系譜が残った店なのかも知れません。
 中華飯や台湾ラーメン、お持ち帰りのギョーザもあります。食券を買うシステムでした。


近場の麺食記 「うま屋」(刈谷市一里山町)☆

 刈谷の一号線沿い、ラーメン激戦区(同じ一号線の北側、2キロ程度の地区に「横綱」「風々」「うま屋」と並んでいます。刈谷ラーメン銀座)の一軒。
 一里山の交差点、北東の「びっくりドンキー」すぐ隣です。
 「ぴあ」本誌のラーメン特集にも掲載された店。平成11年に開業したばかりで店構えも新しく、ファミレスにも通じる綺麗な店内。
 「いらっしゃいませ!」と元気が良くて丁寧なマネージャーさん? に好感が持てます(いかにもサービス業、って感じが良)。
 ここは、基本的にメニューは「ラーメン(それも特製ラーメンとチャーシュー麺)」と「炒飯」の二種類のみ。テーブルにつくと、小さなざるに入った「京都産のネギ」の切ったものが、さっと置かれます。
 「特製ラーメン」を頼みました。スープは「とんごく」を歌っているように、豚骨ベースの醤油味。スープに豚骨エキス? が玉になって浮いているタイプです。麺はやや太めの柔らかストレート。チャーシュー・メンマ付きです。
 こってりしたスープを、たっぷりのネギと、テーブルに添え付けの「ニラ辛子(唐辛子とニラをあえたもの)」で食べるタイプでした。
 ラーメンとしての摺り合わせはなかなかで、またちょっと行ってみたいな、と思わせました。ちょっと舌がピリピリするのと、わざとだと思いますが、チャーシューがちょっと硬かったかな?
 ちょっと心配なのは、平日の夜9時半で、「横綱」は結構お客さんが一杯だったのに、「うま屋」は少し寂しかったこと。これからも頑張って欲しいものです。