愛知支部のみなさまへ4

お礼とお詫び


 11月6日に行われました。臨時総会に参加していただいた支部員の皆様,お忙しい中のご参加ありがとうございました。早速,当日参加された方からご連絡をいただき,大変内容の濃い話し合いができたとご報告を受けました。
 ただ前支部長(私自身)の参加が無かったのが非常に残念であったと同時に,一連の経緯を説明をしていただきたかったと併せてご報告を受けました。

 このホームページはパブリックなサイトであるためいくつかの制約があると考えております。しかし,あえて今回,私が参加しなかったことで不明瞭な点がございましたことをお詫びするとともにこのサイトを通じていくつかの疑問にお答えしようと思います。

 このページにありますbP〜bRの内容を読んでいただけばおおまかな内容は察していただけるとおもいますが,簡単に申し上げますと,まず私自身が参加を取りやめた理由はN様より総会への出欠を尋ねられた時,総会のご案内をどなたに出すのか,その詳細をお聞きしてから臨時総会への出欠をご返事しますとお伝えしました。しかしN様からその質問について全く答えをいただけませんでした。

 つまり,今回,支部活動の停止を申し入れ,私を支部長から解任させることを決定した方々だけの集まりに私自身が出席することは意味があるのか,そのような状況で私が参加してもおそらく不毛な結果になるのは目に見えていたからです。

 今回,実際は支部展や支部活動に熱心にご協力していただいた方もご参加していただいていたとお聞きしました。また,私の10年間の実績について評価していただいた事もお聞きしております。心より感謝いたします。ありがとうございました。参加できなかったことについて私自身、大変残念に思っておりますし参加できたら参加させていただきたかったと後悔しております。併せてどうしてそのような方々がご参加していただくことがわかっていてN様はご報告していただけなかったのか疑問が残ります。

 また,アート&デザインについてですがわたし自身,アート&デザインを成功させた後には支部長の役を勇退したいと考えておりましたので,道半ばで腰をおられた形になったのは事実であります。

 平成22年度の支部総会でお話をさせていただき,わたし自身承認へ一歩進んだと確信しておりましたので,アート&デザイン半田案(半田山車祭りとの折衷案)の計画を総会後できる事から準備をしようと考えておりました。公式ではありませんが,支部展を同時開催してミツカン酢の蔵の中で開催したらどうかとか,明治時代に建てられた文化財で保存建築でもある赤レンガ倉庫を利用する事もおもしろいのでは,また,新美南吉とのコラボレーションはどうかというご意見がありましたので,関係の諸機関に実際可能かどうかお尋ねしたり,当日のスケジュールをどのようにしていくか具体的に考えておりました。

 私自身,平成24年度はこのイベントに公私を問わずエネルギーを注ぎ込むつもりでおりましたので,職場でも人事で平成24年度は配慮をしていただけるようお願いしておりました。

 それが今回このようなことになり,お尋ねしていた諸機関にはお詫びに回ることとなり,何人かの方々にはご迷惑をおかけすることとなりました。正直心が折れた状態です。ただどの方も何の個人的な利益にもならないイベントにわたし自身熱意を持って臨んだことについて大変ご理解をいただき叱責を受けることもなく元気づけられるご意見を沢山いただたけたことは幸いです。

 7月には正式に新支部長が選出され新しいスタートが切られるとお聞きしました。それまでわたし自身,その運営を静観するつもりでおります。

 最後に今回の臨時総会のご報告がN様より何もないのが非常に残念と感じております。

 少々私的な意見も混在した内容になりましたことをお詫びしますが,このHPの内容で今回の経緯を察していただけるものと信じております。ご精読ありがとございました。
                                 平成23年11月8日 愛知支部 横山 治   pianosam3178@yahoo.co.jp 

愛知支部のみなさまへ3

 本日,約一ヶ月半ぶりにN様よりお手紙をいただきました。そこには臨時総会の開催について前回同様の内容が短く書かれておりました。しかし,私からN様へ先月はじめに書面にてお尋ねした内容について,例えば多くの支部員の意見を吸い上げるために案内は全員に出すべきではないか,もしそれが不可能ならどのような抽出方法でどなたに案内をお出しするのか,また,今回の愛知支部の件に関して私を含め関係者をどのように扱うのか。

支部運営に関して憂慮していました内容については前回同様何一つご返事がございませんでした。

 また,これまで私がN様に事実の報告としてお出しした手紙は3通を数えますがその内容につきましても何の返答もございません。今回その報告内容はA4にして10枚程度になります。それについて臨時総会では公開していただけるのかも不明です。何もわからない支部会員の方もみえるとおもいますが,どのような会になるのでしょうか・・・一方的な情報を提示され会が進行していくのではと非常に不安に思っております。

 前回の支部展以降,私に何一つ相談もないまま一方的に支部は活動休止に,また支部長は解任させられ,進めていた支部の企画についても白紙になり・・・・どこか支部の方向としては間違っているのではと正直感じております。

 大変残念ですが,このような状況では今回の臨時総会が支部会員の総意となるとは考え難く,また一人で抗議をしても無力さを再確認するだけの会となるような気がします。よって私は総会への出席をしません。今後は決定権のない一武美卒業生として愛知支部の今後を見守っていきたいと思います。

                                    平成23年10月2日 愛知支部 横山 治   pianosam3178@yahoo.co.jp 
愛知支部のみなさまへbQ

 残暑お見舞い申し上げます。

 8月18日にN様より,臨時総会を11月6日 午前11時よりN様事務所におきまして開催する旨の連絡をいただきました。
ただ,案内をお出しする会員の皆様を60名に抽出するとありました。本来は全支部員にご案内を差し上げるのが本来の姿と考えておりましたので,その抽出方法についてお尋ねしましたが未だご返事がございません。

 N様には愛知支部の全支部員に公平にお声をかけていただけるよう,また,抽出するのであれば支部展や総会に積極的にご参加していただいている方を中心にお声をかけていただけるようお願いをし続けておりますが,具体的なご返事が未だございませんので,私個人の出席を現在見合わせております。

 ご存知のように支部が休止状態になる以前は,県内の居住する地域,出身学部,世代を問わず,すべての会員の皆様に支部活動への参加を呼びかけてまいりました。その伝統だけは守っていただきたいという思いで,このような決断をするに至りました。

 また,N様からのご連絡に支部長代行が決まり支部活動は再会しておりますとありました。幸い代行に選出された方は支部活動にも熱心で,公私ともに多方面で活躍されており,お人柄も信頼できる方です。今後の支部運営に期待したいと思っております。

 私自身,N様からのお手紙ではじめてこのような状況になっていることを知りました。当然,支部長を解任されていることも存じ上げませんでしたので退任のご挨拶が遅れましたことをお詫させていただきます。

 10年間本当に色々な方に支えていただき楽しく支部を運営することができました。心より感謝しております。ただ残念なことは故島崎氏とお約束した毎年発行しておりました会報が最後になりまして発刊できない状況になってしまったことが悔やまれます。

 アート&デザイン半田案につきましては,2009年秋の全支部員に対して行ったアンケート, 翌2010年7月の支部総会, 秋に行われました支部展打ち上げ時での合意をもちまして承認されたことと思っておりましたが,今回白紙になったようです。2003年京都で行われました町屋と祇園祭をキーワードに行われましたアート&デザインは大変好評で地方から発信される文化と芸術とのコラボレーションとして半田案<「半田山車祭り」(※平成24年10月6・7日予定)との合同開催>は立地として最高の環境と思っておりましたがこれにつきましても今回,白紙になってしまったようですので,それが事実であれば大変残念に思っております。
 今後,愛知県でこのようなチャンスが巡ってまいりましたら,是非,趣旨を十分ご理解していただき,盛大に執り行われることを期待します。本部事務局のHPに過去のものが載っておりますので,是非ご覧ください。http://www.msb-net.jp/news/forum.html

 最後に,私は今回抽出される60名の方が偏った人選になり,その中から役員が選ばれるような閉鎖的環境になることだけは避けていただきたく思っております。前述しました通り,愛知支部が通信生であるとか,経験年数とか,名古屋から遠いなどの理由で除外されたり,一部の方の個人的な集まりになったりせず,公平で間口の広いオープンな雰囲気でだれでも活動できる懐の深い組織になり発展し続けていくことを心より祈っております。


                          平成23年9月4日 愛知支部 横山 治   pianosam3178@yahoo.co.jp  

愛知支部のみなさまへbP

 ご迷惑おかけしております。

ただいま武蔵野美術大学校友会愛知支部の活動を一時休止しております。

昨年(2010年)暮れに,旧役員のN様よりお手紙で「愛知支部を休止することにしました。」と,ご連絡をいただきました。N様とは今回の愛知支部の問題(支部総会,支部展に参加された方はご承知の件です)でお話ししたことは一度もありませんでした。また,休止することについてのご相談もございませんでした。事実が正しく伝わっていない恐れがございましたので,これまでの経緯を文書でN様にはお伝えしてあります。尚,内容につきましてはN様ご本人で公平,公正に判断していただくこと,また,厳正に確認していただくようお願いしてあります。今後,N様を含めたニュートラルな立場の方から総会の呼びかけを通学,通信を問わず全卒業生,全愛知支部員にしていただくことをお約束してあります。ご案内が届きましたら総会にご参加していただき忌憚のないご意見をよろしくお願いします。

尚,このような事情から本年度の支部会報(9号)は発刊できないことになりました。今後の予定も未定ということになります。本当にご迷惑おかけしております。また残念に思っております。

総会への呼びかけが公平かつ公正に行われ,全支部員の意見が反映される会として執り行われることを祈っております。

                   平成23年7月吉日 愛知支部 横山 治 pianosam3178@yahoo.co.jp