今週(10月第1週)のお役立ち情報は、

「使用貸借ってご存知ですか?」です。

「土地を借りるのに賃料は払いますか?」


   普通は払いますよね。土地の地代。しかし、親の土地に息子が建物を建てる、とか
   親戚のおじさんの土地だから、ただで貸してもらっている、とか。
   こういうのが使用貸借といい、賃貸借と分けられます。

   ところで、「借地借家法」はご存知でしょうか?
   土地を借りた人、建物を借りた人が持つ借地権、借家権に関する法律です。
   この法律に基づいて賃貸借の借地人、借家人は強い権利を持っています。

   しかし、使用貸借により土地、建物を無償使用している人は、
   この法律には関係なく、
   ・だまって転貸したら返さなくてはならない。
   ・借主が死亡したら、返さなくてはならない。
   ・借りた目的が終了した場合は返さなくてはならない。
   ・貸主が変わったら、返せといわれれば返さなくてはならない。

   といったように、非常に弱い権利であるのです。

 


   


ケンコーポレーションのコメント

     私どもにくる相談のなかに、この使用貸借に関するものが
     結構あります。

     「早く知っていれば・・・」と方がほとんどです。

     借りている自分には権利がある、と思っていたわけです。
     借地法借家法があまりに強いために、今では定期借地権、定期借家権と
     いった権利形態も出来ましたが、意外と多いのがこの使用貸借です。
     大切なことは、自分の権利は何に基づいているのか、はっきり認識すること。
     そのうえで、貸主とどのような関係を続けるのか?を常に意識していくことが、
     重要です。


メールはこちらにどうぞ!



会員登録のページGO HOME役立ち情報