今週(10月第5週)のお役立ち情報は、

「一般トピックス・最低の公庫金利!」です。

「これ以上下がらないところまで下げます!」


   住宅産業のすそ野は広い、だからその産業の景気が
   回復することが、日本全体の景気回復には大切、だ、か、ら
   国は、あの手この手で、国民に住宅を買いましょう、売りましょう
   流通させることに必死なんですね。


   今回予定されている住宅金融公庫の基準金利2%
   ただの史上最低の金利ではなく、これ以上下がることはない
   金利だそうな!
   金利だけではありません。融資額もどーーんとアップの予定とか。

   でも、決して安い買い物ではないですし、長い間ローンを組んで
   買うものですから、将来の不安を取り除くことが、
   今一番国に求められていることではあると思いますが。。。
 


ケンコーポレーションのコメント

     以前の役立ち情報にも書きましたが、
     金利より、ライフプランの中でのニーズが
     不動産売買の決定要因だと思います。
     そのあたり、ご自分で認識されている方にとっては
     今回の金利設定、融資額アップは、非常に魅力的な
     購入の動機となりえると思います。
 


     金利が下がる、公庫の融資枠が広がる、ことを
     このように発想してはどうでしょう。

     ・将来に不安がある方にとっては、、、
      今までの返済可能額で、短い期間で返済できる!

     ・できれば、名古屋市内で探したいが
      高くて無理だとあきらめていた方にとっては、、、
      もっと都心の(ということは割高な)物件も検討できる!

     等々、純粋に返済が少なくなる、という発想だけではなく、
     かなり前向きに物件購入を検討できるチャンスだと
     考えることができるのではないでしょうか。
                        


メールはこちらにどうぞ!



会員登録のページGO HOME役立ち情報