PBeMキャラ余話。ちょっとした参考資料に。
お越し下さって有難うございます。





参加サイト:《ciel RASEN》2005:Masquerade

■名前
アンナ・リズ・アダー

■あだ名
徒夢

■性別


■職業
織物師

■年齢
22歳

■話し方
普通に喋る際は、女性にしてはやや低めの、少し抑揚に乏しい声。
一人称は私。二人称は貴方。初対面では名前にさん付け。目上の人にはやや古臭い言葉遣い&敬語で、名前に様付け。
喋り方は「〜だ。〜だね。〜だろうね。〜じゃあないのか?」といった具合。やや男性的。
歌う時の声は普段よりややトーンが高く、同一人物とは解りづらい。

■性格
根っからのお人よしだが、おとなしい気質で、感情の触れ幅が小さい。
商売柄、笑顔はそこそこ振りまくものの、態度や口調にあまり感情が表れず、何を考えているかいまひとつわかりづらい。
倫理や正義・人情を尊ぶ一方で、それらを意味もなく声高に主張することは嫌う。
何かしらの信仰・信念を持つ人に対しては無条件で尊敬を示す。
ものを売るとき以外は無口で、聞き手に回りがち。その代わり、同じ話の繰り返しや、まったく意味のわからない話であっても、一時間二時間は根気強く付き合う。

■好きなこと、嫌いなこと、得意なことなど
糸紡ぎ、機織りなど、長時間同じ作業を無心で行うことが得意。
また、それらの作業の折、なにかしら唄を歌うことを好む。
(流行の歌よりは、やはり機織り中に歌うことで母や祖母から伝わったような歌を好む)
あまりに騒がしい場所や人、布を無闇に粗末にする人間を嫌う。
逆に、一つの服も大事に長く着ているような人は好ましいと感じる。

■外見
灰色がかった暗い茶色の髪に、青灰色の目。髪の毛は緩くひとつに結んで流している。
指先は糸紡ぎの為に多くのまめが出来ていて、年の割にはかなり荒れている。
年頃の女性としてはやや背の高いほうで、少し痩せ気味。仕事の所為で、時折腰痛を堪えるような仕草をする。
服装は質素で、装飾の類はほとんど持っていない。ただ、着ている服はどれも非常に丁寧に織られ、繊細な刺繍が施されている。
また、さりげなく腕や髪には細い飾り紐を、腰には細かい模様の刺繍された飾り帯を身に着けている。
暗い色のショールを羽織っている。
裁縫の道具や商品の類は、基本的に常に持ち歩いて過ごす。勿論とても重い。

■身につけるのはどんな装飾品ですか?
木の鈴がついた、足にはめる輪。
選んだ理由は、服の類だと、普段から着ている服と喧嘩しそうなため。
また、他の角などの装飾はやはり性に合わず、手首につけると作業の邪魔になるため。
ふだん一番気にかけていないことから、足首につける品を選んだ。

■自由設定(一部)
18の頃から故郷を離れ、旅をしてきた紡績商。しばらく日雇いで雇われて工房を手伝ったり、よそから仕入れて売り歩いたりという旅生活をしている。
糸紡ぎや機織りは祖母や母から教わったもので、完全に熟達したとは言えないが、そろそろ脂がのってきているという自信を持っている。

■イラスト
(登録時に添付したもの) / (上半身図)

 せっかくキャラシートを作ったので、ちょっくらちょっと隠しらしい小ネタを。あくまでお遊び的な小ネタです。
 名前の由来は、ジェイムズ・ジョイスの『フィネガンズウェイク』のアナ・リヴィア・プルーラベル(ALP)から。
 ひそかに信仰する女神の二つ名は、《川走の糸》。冒頭の『riverrun』=『川走』は柳瀬尚紀氏の解釈によるもので、『旋走』とも『戦争』とも引っ掛けられる単語となっておるそうです。リヴィアは、ダブリンの中心を流れるリフィー川のラテン語名です。
 HCEとALPは、ハンフリーとアナ夫妻だけでなく、アダムとイブ(人類全体)のことも示すとのこと。アンナのあだ名『徒夢』は、アダムとも(読もうと思えば)読めます。こじつけです。
 アンナの苗字『アダー』は『アダム』という人名の変形です。『リズ』だけは、ミドルネームが『L』になる名前ということでシンプルに考えました。

My tears have been my food day and night, while people say to me continually, "Where is your God?"