No.89 飛行機とクルマ 02/06/20 走行距離 26000Km

おいらは飛行機というか軍用機が好きである。実家の近くに自衛隊の実験航空団があり、小学生のころからよく飛んでる戦闘機眺めてた。最近は好きといっても雑誌を眺める程度であるが、インターネットでいろんな情報が取れるのでそちらを見ることが多い。
好きな戦闘機とかって話しはおいといて、ネットサーフィンしてて美しい写真のページにたどり着いたある日のこと。そのページをペラペラと眺めてて、管理人のプロフィールを見たら同郷出身者であった。
ホームページのオーナーさんは、昔空自でパイロットで、今は航空写真のカメラマン。ふーんとおもいつつ、オーナーの名前を見たらなんと高校の同級生と同姓同名やないの。
さっそくメールを打ってみると、おぉ返ってきた返ってきた。
やはり昔の級友であった。
ところが、彼は無類のクルマ好きということが判明。実はパイロットには多いのだそうだが、そこから飛行機そっちのけでクルマ談義に花が咲く花が咲く。

彼はかつてイーグルドライバーだったのでおいらは実はF15Jの話をいっぱい聞きたかったのだが、メールでやりとりしたのはクルマの話ばかりだった。
彼は今ポルシェ993に乗っているそうだ。ホントはフェラーリも欲しいんだと。でも大枚いきなりはたくのもなんなので、F355とF360を実際にレンタルして乗ってみたそうだ。うーんスゴイ。でも実際に乗ってみなきゃわからんもんね。試乗という手もあるだろうが、フェラーリとなりゃそんなにおいそれともいかず。またぶん回して乗ることもできないだろうし。

で、彼はメールでこう結んだ。
F355は音とエンジンが素晴らしい。でもポルシェのほうが自分に合うような気がする。もしフェラーリを買うことがあれば360のほうだろうと思う。
だけどしばらくは993を大切にしたい。できる限りオリジナルコンディションのままで・・・と。

アルファとポルシェ、思想もクルマも全く違う車種だが、なんとなくヤツとおいらは通じるものがあったのだろうと思う。そのときふっと飛行機とクルマってとても似てるのかもしれんと思ったおいらだった。