No.86 スーパーカー軍団 02/04/22 走行距離 23000Km

今日は、アレーゼ名古屋は樋口会の面々に誘われて、ツーリングイベントに出かけた。出かけたといっても集合場所だけ顔出して帰ったのだが、集まったクルマがなかなかスゴイ。

アレーゼ名古屋組は当然アルファが主だが、それ以外の方々はスーパーカーがずらり。ポルシェもあればフェラーリもいる。新しくは355やテスタ、348、旧くはDINO246。おぉ、ここにいるのはマセラティメラクじゃないの。しかもピッカピカである。デトマソのグアラバルケッタもいる。他にも数多くのクルマがいるし、日ごろお目にかかれないのもいたりして名神高速養老SAは黒山の人だかりである。

ひととおりクルマを拝見したあと、おいらは旧知のyabucom夫妻を朝食を取りにレストランに入った。朝飯食って再びパーキングに戻ると、甲高い迫力のある排気音で目の前を疾走する黒いクルマ。ななんとディアブロである。いつの間に・・・。
このクルマ、あの薬師寺保栄氏のクルマだそうな。当然ドライブしてるのは本人である。
メシ食ってる間に薬師寺氏も来て談話して走っていったのだそうな。うーん、残念、メシ食ってる場合じゃなかった。ディアブロ見たかったなー。

薬師寺氏のディアブロを先頭に、他のスーパーカー軍団とアルファロメオも続々とSAから出ていく。壮観な眺めである。
おいらは、この一群を見送ったあと、高速をUターンして岐路についたのであった。

しっかしディアブロのエンジン音スゴかった。ダブルクラッチ切ってシフトアップしていくエンジン音はさながらF1のようで甲高い素晴らしい音がとても印象に残った日曜日だった。