No.66 車検ときたもんだ 01/06/20 走行距離 35,000Km

早いもので車検である。あっという間の3年間であった。納車当時は悲惨な目に会いながらも、それでも我慢していたことが懐かしい。あれ以降なーんもトラブルないんだよね。マスターケアもあまり使わず終わってしまいそうである。

さて、車検であるが、当初はステンメッシュブレーキホース入れて、タイミングベルト変えてなんて考えてたりしたのだが、これがあーたやっぱ高いわけだよ。おまけにイタ車の車検ってどうなんだろ30万くらいかかるのか?なんてびびりまくりだから今回は消耗品だけにして、ツケは次回に回すことにする。(笑)

方針としては、交換部品は特になし、アッパーアームからの異音はマスターケアで直してもらうことにする。
エンジンオイルとフィルターは1ヶ月前に交換してるからこちらもやめる。ブレーキ関連は減りもまだまだ、だいじょぶだいじょぶ、タイミングベルトはうーむ3万5千キロだからあと1万以内に交換するとして先送り。

こうして出来上がったメニュー。(笑)

車検時に交換

次回先送りでごまかす

目に見えてるものでこのくらい。実は、フュエルフィルターやポンプ類も大丈夫かなと思ったりするのだが、こんなもん目で見てわからんし、壊れてるまで使うしかなかろうと思ったりしている。

というわけで、大きな消耗品は先送りツケ回しで不良債権問題みたいなもんなのだが、初めてだもん仕方ないよね。

車検は1週間もかからず終わるという。何せ交換パーツはエアクリーナだけ。ほんとは名前が凄そうでカタカナで書くとゴジラと対決できそうなキングドラゴンにしたかったが、ディーラーでは扱ってなかったのでK&N純正交換タイプとしてみた。効果があるかどうかよくわからんが、まぁどうせ交換するんだからと入れて見たのである。

さてさて、出来上がったクルマはどうか、最終的にお金はいくらかかったのか?
なんとまぁ、これがまた驚きの約150千円であった。国産車と変わらんやないの。なんだ恐れることはなかったんだね。ちゃんと整備してあれば車検といえども安くあがるんだ。といいつつ、不良債権問題と言われた先送りの消耗品は来年やってくるのである。来年は車検よりお金がかかること請け合い(笑)

そういえば、車検とは別でフロントアッパーアームを左右交換した。ブッシュだけでよかったのだが、アームごとアッセンブリーなのである。
もともとは異音がするので交換したのだがこれが驚いた。乗り心地が劇的に変わったのだ。おいらのはまだ3万5千キロだが、ブッシュ類は確実に消耗してるんだなと実感した次第。
これは交換してみることをお勧め、新車みたいな感じになるから驚く驚く。部品の値段はたいしたことないと思ったが、工賃はかかるから、何かと抱き合わせでお願いするのがよいと思う。

そういえば、交換したエアクリーナはどうであったか。結論から言うと、音は多少前からするかなぁ。でもエンジンはほとんど変わってないみたいってのが結論。マフラー替えてあるから吸気音がわからないのかもしれないし、おいらがニブイだけかもしれない。キノコじゃないから劇的な効果は得られないのではないだろうか。
消耗品として交換したからいいんだけどね。