No.55 ネタがない(その1) 00/04/09 走行距離 27,0000Km

どうにもこうにも最近日記のネタがないっ!(^^;
最近は特にトラブルもなく、いやいやこれが望ましい姿なのだが、なんかネタはないかしらんと思う今日このごろである。

仕方ないから、今回は今まで付けたパーツをあらためてまとめるなどして間を持たせてみようと思う。(笑)
こまかいものまで紹介すれば、きっと2回は持つだろう。(笑)

なにはともあれエアロパーツ。どうしても付けたかったから付けた。相変わらずエアロ装着車は少ないから、目立ちたい人はお勧め。今でもコイツはカッコイイと思う。他社よりいろんなエアロが出ているが、自分のが一番と心の中では思っている(笑)。最初に付けたのも幸いだった。今じゃあんな値段じゃ到底付かない。とにかく工賃が高い。あと、フィッティングも辛そう。今までみた固体は全部微妙に取り付け位置が異なる。因みにおいらのは、リアアンダースポイラーが斜めに付いてたりする。(笑)
リアスポイラーを付けなかったのは、あまりに派手だから。実際、156はリアスポ装着車が少ない。

エアロ効果はどうかと聞かれるとわからないと言うしかない。だって効くほどスピード出せないんだもん。
ただ、雨の日、後ろの水飛沫はとてつもなく高くまで上がる。リアアンダースポイラーが効いてるのかなぁと実感したりするが、体感はしたことない。(笑)

段差は要注意。絶対コスル。もうあきらめるしかない。おいらはガリガリである。

コイツもどうしても付けたかったから付けた(笑)。このホイール、ベストセラーのようで、今じゃあちこちで見かける。カッコいいから軽くなくてもいいもーん(笑)。
ボルトのキャップはプラスチック製。コイツが曲者で、最初はガンメタだけど、変色して白くなる。もう少し風化しにくい樹脂でも使ってくれればよさそうなもんだがこれはどうしようもない。あきらめるしかない。
ガンメタは、汚れに強い(見栄えが(笑))のが強み。
17インチは乗り心地と用途を考えるとこのあたりが限界のような気がする。18インチはすごくかっこよいが、あれ以上突き上げをくらうのはボディへの影響を考えるとチト辛いと思っている。

リアナンバープレートが欧州車サイズなので、どうにもこうにも段差が気になって付けた。エアロとのマッチングはベスト。ただ、値段が高い。安ければもっと売れると思う。カーボン貼るほうが安上がりなので、そちらがほとんどである。慣れてしまえばなくても別に気になるものでもないが、エアロ付きには見栄えがよいとしておこう。(塗装済み¥25,000)

ほとんど見栄えで付けたパーツ。だけど一番効果があったパーツ。フロントしか付いていないのは、単純に金がなかったから。(笑)
見栄えはよい。効きも良い。ただし冷えすぎると効きが悪いから、雨の日の高速道路などでは慎重に。
(ブレーキが冷え切ってしまうからだと思う)
鳴きはあきらめるしかない。対策取れば少しはマシになるかもしれないが、消えることはないだろうから別に気にもしていない。
ノーマルブレーキでも街のりなら必要にして十分だと思う。付けて効果はあったが、どうしても効くブレーキが欲しいという人以外にはそれほどお勧めしない。早目のブレーキングで十分カバーできるからである。値段も結構かかるしね。(フロントのみで10万円以上:工賃込)

余談だが、ノーマルでもよく調整されたブレーキはすごくよく効き、タッチもよい。最近よく乗るシルバー156TSは、同じクルマかと思うくらいタッチもよく、ギッと止まる。これには驚いたりした。

ホントは付ける予定がなかったパーツ。マフラーは腐ったら交換すればいいと考えていた。でも買ってしまった理由はズバリ値段である。
このマフラー、数多い製品の中でなんといっても値段が安い。6万円しないのである。車検対応をうたうせいか音量は控えめ。でも、おいらはこれくらいがベスト。すこぶるお気に入りである。コイツはマフラーのインナーが赤く塗られている。新品はなかなかカッコよいが、排ガスで汚れるからこまめに洗うしかない。おいらはとっくにあきらめた(笑)

マフラーによる性能改善は期待してなかったのだが、低速トルクが増したのは驚いた。明らかに体験できるほどの差がある。
固体差もあるかもしれないから、全てに共通するとは言いがたいが、おいらのは明らかに変わった。
音色は低域が増すといったところ、重低音ではないが、ボリュームは結構ある。外で音を聞いてた人の話だと、値段を考えたら非常よい音だそうな。
別ブランドでインナーが赤くないのも売られている。

このあたりが外装系のパーツ。これだけでも工賃込で90万円くらいはかかっている。エアロは今より安く付いてるようだから、いまだと100万円は軽く越えると思う。いやはや、なんとまぁお金使ったものだ。(笑)

次回は内装系のパーツをご紹介。自分で紹介してて、あらためて使った金額の多さに青くなってたりする・・・・。