No.51 ナビやナビやで 99/07/16 走行距離16500KM

待望のナビ。ついに一念発起して取り付けることにした。
このところ、かなり広範囲を移動することもあり、しかも一人が多くなったからかなり辛い目に合うこともしばしば。
まーそろそろいっとかなあかんやろ・・・・というわけ。
全国くまなく旅できるように、思い切ってDVDを選ぶこととし、モニターの見易さとこれまでの実績からPIONEER製品を選ぶこととした。

んで、問題のモニターをどうするか。オンダッシュとインダッシュにはそれぞれのメリットがある。オンダッシュは何より価格が安い。
欧州車は1DINだからヘッドユニットもちゃんと使える。しかし、見栄えがイマイチなんだなこれが。

インダッシュは見栄えはとてもよいが、値段はとてつもなく高い。しかも問題なのは、156の場合モニター立ちあげると3連メーターが隠れてしまうのだ。時計はいいにせよ、燃料計と何より水温計は、んー問題だわなやっぱ。
これはマジで迷った。結局どうしたかってーとインダッシュにした。値段は高いが、見栄えと盗難も少し気にしたからである。昔からインダッシュは夢だったしね。

実はナビとモニターの選定は右京パパこと吹田社長率いるB-Styleに大変お世話になった。当然作業も安心してお願いできるから、取り付けもお願いすることとした。なんつったって平成10年パイオニアサウンドコンテスト2位である。
パイオニア以外のメーカーでは実施されてないそうだから、実質プロの日本一を競う大会といっても差し支えないのかもしれないコンテストだからね。
会社の同僚に、「なんでナビ付けるのに徳島まで行くんや」と言われつつ、そういう意見もあることよと気にもせず取り付けに向かうこととした。
改めて、取り付ける製品をご紹介しておこう。

DVDナビ PIONEER製 AVIC-D9000 \198,000
インダッシュモニター PIONEER製 AVX-P7000CD \
ハイダウェイアンプ PIONEER製 AVM-P7000 \

この3つ、いちおうこれで、TV,AM/FM,ナビ,CDのシステムが完成。CDチェンジャーは予算の関係でパス。水温計の問題は、見たい時はモニターを収納すればええやろ、音声だけでもナビ使えるしな・・・と勝手に納得することとした。
つーわけで、ナビの取り付けに徳島に向かう。あーら驚いた。徳島って大都市じゃぁないですか。目貫通りは片道3車線でばんばん。んーすごいねぇ。で、B-STYLEはというと、これがまた立地条件のとてもよいところにあったりします。
というわけで、ナビを取り付けてもらう間、おいらはそのあたりをうろうろと、いろんなお話聞きながら、お仕事の迷惑だっちゅーに。

お、そだ、サウンドコンテストで輝く2位となったデモカー、まだ音聞いてないんだよな。ちょっと聞かせてもらってもいいすかー。と勝手にかってにおいらは雑誌などでおなじみの146へ乗り込みます。
お、すげぇなこれ、なんちゅうリッパなスピーカーや。んー音はどうかなどれどれ。

・・・・衝撃的とはこのこと。クルマの中であんな音が聞けるとは思わなかった。おいらは別にオーディオマニアでもないので耳も肥えているわけではない。ん?体?やかましいっての(笑)

ただ、学生時代に家庭用オーディオ店でバイト経験があり、それなりの音を続けて聞いてると、それなりに解るようになってくるってのは一応経験した程度。
しかし、このデモカーの音、めちゃ自然でちゃんと真ん中から音が出て、弦を引っ張る音なんかがはっきり聞こえる。こりゃすげぇわと驚いていたところ、吹田社長が「DVDソフト見てみます?」と見せてくれた。
お題目は「エアフォース・ワン」。ハリソンフォード主演で、思わずトム・クランシーのジャックライアンとダブってしまうアレである。
これがそりゃもう強烈だった。DSPが入っている効果もすさまじく、クルマの中は大袈裟ではなく映画館なのだ。音はとても広がりがあるのだが、逆にモニターが小さくて、すぐ近くにあるのが違和感があるほど。
思わずクルマの中で40分ほど一人で見入ってしまった。いやぁ驚いた。クルマの中でこんな音が聞けるんだねぇ。

ちなみに、どれくらい掛けたらこれくらいになりますかねぇと聞いたところ、どう考えてもおいらにゃムリな金額だったので、速効で諦めたのは言うまでもない。
PIONEERのカロッツェリアXシリーズで組まれており、優に100万円は越えているそうである。

というわけで、右京パパに会うことがあったら、その音を聞かせてもらうと体感できると思う。DVDソフト見せてもらおう。すごいぞ。
おっと、ずいぶん長くなってしまったので、肝心のナビ取り付けは次回ということで・・・・。

ちなみに、このレポート、手持ち無沙汰なおいらは、勝手にB-STYLEのパソコン借りて書いてたりする。わりぃね右京パパ。