No.43 アルファブランチ(99/05/06) 走行距離 13,800km

アルファブランチに初めての参加。2度目のフェーラーリ美術館です。なんつってもあの芝生がいいですね。
おいらはスーパーカー小僧がそのまま大きくなったようなものだから、ビンテージガーデンで行われるフェラーリブランチには昔から憧れがあり、あの芝生に並べられるとくりゃ、参加しない手はありません。
99年度は神戸フルーツパークのイベントも重なりましたが、おいらは迷わずアルファブランチへ。

当日は晴天に恵まれ、たくさんのアルファが集まってきます。我々は示し合わせて早めの会場入りを行い、奥まった場所にKiri-Sさんのクルマとエアロ2台で並べました。
となりにいいアングルでロッソのセレスピードも並び、奥にGAPのデモカーもあり、なかなかのロケーション。うーんグッドだわ。

おいらたちは、そのままその場所にテーブルとイス広げてワイワイガヤガヤとまったりとした時間を過ごすことにしました。アルファブランチは、特に催しはないのですが、正式参加者にはフリードリンクとバイキング形式のケータリング(バーベキュー、ローストビーフ、サラダ等)が振舞われ、おなかもいっぱいみんなご機嫌。

アルファデイほどではありませんが、知った顔もちらほらとあり、ちょっとした記念品もいただけることから、1万円の参加費用はそれなりに元を取れるのではないかと思います。

さて、参加車両を少々ご紹介。しかし、実はあまりクルマ見ていないのです。(笑)
貴重なレーシングカーも数台展示されていました。GTAコルサやジュリアのレーシングカー(よく見なかったのでチトうろ覚え)も来てましたが、どちらかというと、古いクルマより、75以降の新しい物が多く中心となっているようです。台数が少ないハズのES-30もズラっと並んでたくさんありました。

おっと、コイツは珍しい155TI−Z。黒ボディでツインスパークだそうですが、ミッションはなんとオートマチック。
いやぁ、有るとは聞いてましたけど、実物見るのは初めて。オーナーさんとも少しお話させていただきましたが、V6TI−Z、GTA−Zと並ぶ貴重なクルマですね。

156もたくさんいます。セレスピードも結構多いです。おー、こりゃ珍しいプロテオレッドの並行モノ。しかもエアロ付けてますね。プロテオは隠れた人気のカラーのようで、すぐに人だかりが。

お、向こうにはエアロ&BBSのLM履いてる156が停めてあるぞ。
DaVinch@さんのと同じ仕様かな?赤エアロボディにBBSのゴールドホイールはうーん、すごいねぇ。しかし、もうLMも市販されてるんですねぇ。採寸してもらうために工場まで出向いた彼ら4台の特注モノは今後どんどんあふれてきそうです。確かによく似合うわなBBSは。

会場内には雑誌やテレビといったメディアも取材に来ており、うららかな5月の陽気のなか、それぞれのスタイルでみなさんブランチを楽しんでいらっしゃいました。

やはり芝生でのんびりできるのはいいですね。来年も是非参加できますように・・・と。

北陸オフ

Verde_Hさんのページで企画された、北陸オフに参加してきました。BBSホイールの鍛造製品を製造するワシマイヤーさんの工場見学がメインの企画です。
当日は、関東から中国に渡る非常に広範囲からの参加者があり、Verdeさんのところの知名度の浸透が伺える素晴らしいオフでした。
BBSホイールは鋳造と鍛造があるそうなのですが、鍛造は日本で、鋳造はドイツで製造されているそうです。鍛造BBSホイールの強度や軽さ、精度について説明を受けましたが、とても素晴らしいものでした。BBSホイールは知名度も非常に高く、そのぶん高価なのですが市場では高い評価を得ています。この秘密に触れることができた有意義な社会見学でした。


はみだしコラム(2002/07)

アルファブランチ。これも最初で最後の参加であった。(笑)
ここで実はあるじゃるの開催のお願いを直接松田オーナーにしたのは周知のとおり。いかにも無謀であった。(笑)
残念ながらアルファブランチは現在行われていない。またいつか復活を切に祈りたいイベントである。

さて、もうひとつはBBSオフ。2002年現在も開催されるおなじみのイベントだが、記念すべき第一回に参加してきた。おいらはワシマイヤーの技術力の高さに驚きながら、非常にタメになるお勉強をさせていただいた。
毎年開催されているから来年もきっとあるだろう。一度は見ておくとよいかと思う。