No.42 アルファロメオ・デイ(99/05/06) 走行距離 12,000km


本日はアルファロメオ・デイ。アルファを買って初めての参加である。今回は正式エントリではなく、急遽参加を決めたので当日のみの参加である。

当日参加の車両は、会場からかなりはなれたグランドのような場所に停め、会場入りした。まーいるわいるわ、新旧アルファがてんこ盛りである。ホテルのお庭に設営された会場は、車種毎にまとめられ、クルマも見やすく展示されている。会場の真中はザガート車両が陣取っており、ここに見なれたクルマが1台2台。

まずは、このザガート155のオーナーさんであるチョロQ職人を探し回る。実は彼はわざわざ私が欲しがっているザガートデザインのモモステアリングが会場で安く販売されているのを見つけ、わざわざ電話で教えてくれた上に、代わりに購入しておいてくれたのだ。
チョロQ職人、げっつぅ氏と無事会え、ザガートステアリングを頂いた嬉しさといったらそりゃもう。欲しかったんだよなーこれ、しかも破格。
ついでといってはなんだが、彼のお店で出来あがったばかりの156チョロQ完成品を購入させていただいた。なかなかの出来で非常にいい感じ。氏から頂いた写真も添えておくので一度ご覧になっていただきたい。

とりあえず、クーネス・ラウやオフラインミーティングで顔見知りになったみなさんが陣取る場所まで行ってそこでのんびり過ごすことにした。右京パパが用意してくれたバーベキューを、これまた買出しをしてくれたGT-Rさんにお世話になりながら腹いっぱいご馳走になり会話もはずむ。
知った顔もあれば、初めてお会いする方もあり、初めてのアルファロメオ・デイはこうした人たちとの会話も手伝いとても楽しいひとときだった。

会場にはフリーマーケットの他、ショップも数多く出展しており展示車両も数多くあった。その中でも圧巻は155GT‐Aである。DTMのV6TIではないけれど、さすがにホンモノだけが持つ迫力ムンムンである。

広告や雑誌でおなじみのお店も出展されており、見てるだけでも結構楽しいものである。そこでまた顔見知りの方もいたりすると「あーどもどもです。」なんて会話あったりして。

そういうわけで、初めてのアルファロメオ・デイはお会いしたみなさんのおかげでとても楽しい1日だった。いやー来てよかったねー。うんうん。


はみだしコラム(2002/07)

はじめて参加したロメオデイ。ものすごく楽しい思い出だった。だけど最初で最後の参加になってしまったロメオデイ(笑)。ロメオデイは日本で一番大きなアルファのイベントだが、さすがは300台以上集めるイベントだった。
ただ、ちょっと金額的に敷居が高いのも同時に思った感想。もっと気楽に安く楽しめるイベントがあってもいいんじゃねーのって思いが実はあるじゃる開催に繋がっていくワケである。