No.38 おもらし(99/3/3)走行距離9200km


天気のよい冬のある日の休日、おいらはまだ起きる気にもなれず、2Fで惰眠をむさぼっていた。うとうとしかけていた頃、外で掃除をしている母親が2Fのおいらに向かって大声で叫んだ。

「ちょっとアンタ、クルマからなんか漏れてるよー」

んなワケなかろう。先日降った大雪の解けたヤツじゃないのか?
あくびをしながら、ゆっくりと2Fから降りて、表に出るオイラ。
その瞬間、鼻を突く臭いが・・・・・・・・。

「む、なんじゃこりゃ・・・ガ、ガソリン臭ぇぞ。・・・・ぞわっ、水溜りやんけ」

ガビーン、なんとリアタイア辺りの周りがに水溜りが・・・これ全部ガソリンか?
慌ててリアタイヤの付近を覗きこむオイラ。なんだかタンクのようなところから液体が伝ってポタリ・・・・ポタリとしずくが垂れてる。その速度は10秒に1滴程度だけどこりゃ間違い無くガソリンだわ。てめぇなにおもらししとんねん!。

動かしていいものかわからなく、お休みだけど早速サービスへ電話電話。とりあえずその程度なら大丈夫だろうということで、早速入庫して見てもらうこととなったのであった。

原因はすぐ判明。タンクとチューブを留めてあるゴムパッキンがうまくはまっていなかったらしく、一部めくれておりそこから漏れたようなんだな。
ゴムパーツの交換一発で完了したけど、ガソリン漏れはシャレにならんでぇ。
ホントに燃えたらどうすんの?。