No.29 P.A.S.S.その後(98/10/4)走行距離4100km

ずいぶん前のお話であるが、インジェクション不調と出火騒ぎのときに利用したP.A.S.S.について書いてみることにしよう。

最初に使ったのはお盆も真っ最中の8月16日。この時はお盆で全国一斉休暇中にも関わらず、電話対応に出てくれたのがおねーちゃんであった。
症状を伝えると、すぐにレッカーの手配をしてくれた。対応は非常に好感の持てる応対で、その後のレッカー手配の状況や、運び込むディーラーの場所等、逐一細かく何度もコールバックしてくれたのが印象的。
これは2度目に神戸で利用したときも同じで、対応についてはとても満足のいくものであると感じる。フィアットの並々ならぬ気合を感じたのであった。
実際にレッカー牽引されたときも、JAFのようなすごい装備のクルマに乗ったおっちゃんが、手際よくさっさとクルマをくくりつけ運んで行ったのであった。その後岐阜へのクルマの輸送も速やかに行われ対応全般で不満に思うことはない。
で、1ヶ月ほどして、フィアットからP.A.S.S.利用の交通費清算フォームとアンケートが送られてきた。ぢつはまだこれ清算してなかったりするのだが、そうこうしているウチに、問い合わせのみで実際には利用しなかった神戸の分まで旅費清算フォームが送られてきた。こいつは特に書くこともないのだが、どうやらちゃんと機能していることを改めて確認できた次第。

P.A.S.S.については、受付から清算まで、その一貫したサポートのよさは非常に評価できると思われる。
まぁクルマそのものの品質をもっと上げることにも努力してもらいたいものではあるが、こうしたサービスはこれまで二の足を踏んでいたユーザーに大きくアピールするものと思われる。

さて、ここで突然脈絡もなく話題を変えてみたりする。最近156及びその他アルファのミニカーを物色するためおもちゃ屋をうろつくおいらは、今更ながらハイパーヨーヨーなるものを買ってみた。
どうにも気になって仕方なかったのだが、なんかミーハーのようで、これまで指を咥えて見ていた次第。
ぢつはおいらはその昔、団地内で開催されたラッセルヨーヨーチャンピオン大会で2位になったことがあり、アメリカのどっかの州のヨーヨーチャンピオンから直々にコーラ1本もらったことがあったのだ(笑)・・・。そんな思い出を頭に描き、さっそく買ってきたヨーヨを洗車の合間に振り回してみた。
その昔、犬の散歩という技とは言えない技を練習していたとき、ヒモが古くなってて切れちゃってすげぇ勢いで転がっていってしまい、犬の散歩ならぬ犬の脱走なんて技をひけらかちゃった日の恥ずかしさが頭をよぎり、最初は慎重である。(笑)

おーけっこうイケるやん。うまいもんだよやっぱ。そりゃー内回し〜・・・昔の勘を取り戻すのもさほど時間はかからず、ビューンと振り回してうぉりゃ〜なんて洗車はもう上の空。

「バコン・・・・」どぉわらたたたた〜・・・・やってもうたアルファにぶっけてしまったのである。
さすが近代科学の誇るハイパーなヨーヨーである。しっかと156のぼでーにそのハイパーな回転キズが付いてしまったのであった。


はみだしコラム(99/06)

P.A.S.S.とは新車登録より3年間、通行中の故障に対する数々のサービスを行うシステム。レッカー牽引や以降の交通費の補填など電話1本で対応してくれる便利なモノである。故障の修理は対象外でこちらは新車保証やマスターケアでまかなうこととなる。マスターケアと混同しがちだが、P.A.S.S.は無料で新車購入時に付いてくる。
おいらはこのとき、帰りは電車で帰ったので電車代は後で清算できたのだが、たいした金額ではなかったこともあり、結局清算しなかった。(笑)