No.20 やっと戻ってきたねー(98/07/25)走行距離1150km

つーわけで、床上浸水の件と無料点検をこなして無事戻ってきました。
で、運良くというかメーカーから水漏れについてのレポートが入ってたそうで、今度は大丈夫ですよ〜・・・とのこと。で、まー分かったのかよく分からんのか、とりあえず理解した範囲で解説。

エアコンのドレンの最後のほうは”L”をそのまま90度右へ回転させたような形で配置されており、ここの水平になっている部分にパッキンみたいなリングがついている。こいつで外にたまっている水が室内侵入できないようになっているらしい。これがちょっと後方にあると、発進や坂道等の傾斜等でじゃぶっとあふれ出て室内に侵入してしまう。
なんだかパッキンじゃなくて、防波堤のような気もするんだが、なんだかよーわからん(笑)
まーとにかく、このリングみたいなものの位置が悪いらしく、これを前方に移動させてやると対策完了めでたしめでたし。

なんだか分かったような分からんような説明でしょ?でもねーホントにこれでOKみたいっす。一応その後坂道あり、急発進急ブレーキの連続走破実験100Kmやったけど助手席は干からびてましたもん。(笑)
つーわけで、やっと直りましたよ床上浸水。(笑)原因についてはメーカーから説明の図面とか送られてきてるみたいなんで、これで全国の156乗り及び納車待ちのみなさん、安心してください。慌てず騒がずおーきたかてなもんでディーラーで直してもらいましょう。

で、ついでの1000km点検(本来は1500kmなんだが入院ついでに済ませた。)について
ミッションオイル漏れのチェックお願いしておきましたが、漏れはないけどにじみはあったみたい。ドレンガスケットを交換してもらったようです。部品代¥200円なり。これ以外は問題なかったようですね。なんだかエグザミナーとかいう診断機?コンピュータかなんかをチェックするんか?・・・で診断をしてもらったようで問題ないっすとのこと。
ついでにエンジンオイル、エレメント、ミッション&デフオイルも交換しました。
へぇ〜エンジンオイル4.5Lも入るん?オイルはモチュール4100です。ギアオイルは2Lでこれもモチュールギア75W90とかいうシロモノっす。
エンジンオイルはセレニアは高いので、モチュールでもいいっすよとメカさんに言われたのでモチュールにしておきました。モチュールも粘度の違いで安いのと高いのがあるそうですが、とりあえずお勧めの高いほうに。¥2,350円/Lだそうです。
で、工賃を含んだ油脂類交換の総費用は¥24,000円程度だったと思います。(明細をどっかやってしまった(^^;)

んではさっそく油脂類交換後のドライブへ・・・・・。お、ミッションがスパッと入るようになってる。へぇ〜オイル替えると変わるんだこれ。前はなんか剛性感に乏しい気がしたんですがちょっと変わりましたね。
ところが、しばらく運転してるとどうもスパッと入るのは回転ドンピシャの時だけみたいなことに気づく。それ以外は固い、前より固いぞみょーに固い。
う〜む、オイルがなじんでないのかそれともこのままなのか、ミッション固くなっちゃった。(笑)しかも停止時の1速とか段付きで入るようになっちゃった。いいのかなぁコレ。まぁ替えたばっかやし、しばらく様子をみることにしよう。それより何よりエアコンガンガンでも助手席サラサラ、マジでうれしい(^^)


はみだしコラム(99/05)

結局ここにあるようにエアコンのドレン不良がその原因。これ以降浸水は皆無となる。
エンジンオイルとミッションオイルは1000KMで交換。銘柄は別にどうでもよかったのでお勧めをそのまま入れた。今でも銘柄は別に気にもせず、3000km毎に勧められたものをそのまま入れている。オイルはずっとMOTUL4100を使用。
ミッションオイルはこれ以降交換していない。ホントはやりたかったが、オイルと同時はお金もかかるので1年間このままで行こうと考えた。固体差もあるだろうが、TSのミッションは固い。1速になかなか入らない時がある。リバースも同様に、乱雑なシフトはギア鳴りの元。
入りにくいときは、一度2速に入れてから入れ直すとよい。以前75TSに乗ってた人から教わった。75TSもシンクロが弱くてこうしないとうまく入らないそうである。