No.13 雨ばかりでやんなっちゃう(98/07/02)走行距離620km

ほーんと雨ばかりで困った困った。そういえば、雨の日の乗り降りは水がドバっと・・・の件でV6オーナーの方からメールいただきました。本皮シートは気を付けないとシミになっちゃうそうです。

う〜むそりゃそうだろな。革だもんな。おいらのはクロスだし黒だから別にシミとか付いてません。こういうトコはTSも捨てたもんぢゃないな・・・と勝手に納得してる今日このごろ。(笑)

さて、ちょっと雨が上がったある日、エンジンルームでも点検するべや・・とばかり取説片手にボンネットを開けます。それでボンネットのウラを何気に眺めてると・・・・端っこの方で何やらプクッと膨れてる個所を見つけました。指で触ると「パリ」という音と共に塗装がつぶれて何と地金が見えちゃった。(・o・)・・・あわわわわ・・・・・。

さらになんかちょっと浮いてるところもあるので指で触ってたら「ハラリ」と一部塗装がはがれてこれまた地金が・・・(゚o゚)
おわ〜・・・・どうするんじゃい、まだ梅雨も真っ盛り、なんじゃこりゃぁ〜どうしてくれる〜・・・・・。
実際には地金は2ミリ径の穴が2つという感じですが、錆でも出ては困るので慌ててディーラーに突っ走り、タッチペンでレタッチしてもらいました。実際には地金は見えてなかったそうですが、サーフェサーくらいまではいってたみたいなのでやはりレタッチは必要。
こういった非常時に備え、タッチペンをいっしょに購入してきました。ロッソアルファのタッチペン1本税込み¥1,155円なり〜。

ついでに、タイヤ交換する場合のガレージジャッキはどこにかけたらよいかをメカニックさんにたずねてきました。
油圧のジャッキとかは皿が付いてるので車載ジャッキの位置はマズイ・・・ふむふむ。んで、高さ10センチくらいのゲタ(木材とかの破片でよい)を皿の上に乗っけて、ジャッキアップポイントの奥(サイドステップの奥)にかけるといいよ・・・なぁ〜る。
でも、やっぱ不安なんで、オイル交換してもらう時のジャッキアップ時に一度確認してからにしよーっと。

自宅に戻るついでにオートバックスに寄って、内装はずしの工具を手に入れます。スピーカー交換のための第一歩のために簡単に交換できるかどうかを調べてやろうという企みです。つーわけで、まずはフロントドアについてるスピーカーカバーが外れるかどうかの調査。キズを付けては元も子もないので慎重に慎重に・・・・。
スピーカカバーは上下左右の4点でドア打ち張りに固定されてました。このうち下の固定金具は可動しないのでまず左右か上の金具を外すことになります。こんなことやるのが始めてなわりには旨く言ってすっかり御満悦(笑)。 つーわけで、リアとフロントのスピーカーが簡単に交換できるのがわかったので、次回は大きさとネジ穴測ってトレードインタイプで適合しそうなものを探すとしよう。しかしさすがにヘッドユニットはどうやってはずせばよいか分からず断念。
というわけで、スピーカー交換はまたいずれかのお楽しみということで。


はみだしコラム(99/05)

ジャッキアップポイントを聞いておきながら、結局今まで一度もジャッキアップはしていない。フロントは地面に寝転がってタイヤを覗き込むと、ちょうどタイヤの裏側あたりに丸いポイントがある。リアはマルチリンクの取り付け部分(後ろから見るとちょうど真ん中あたりにある)にかければいいよと教わった。

スピーカーのブラケットは簡単にはずすことができる。スキマに工具をコジ入れて持ち上げればOK。3個所のツメで止まっているだけである。
この頃は情けないオーディオにイヤ気がさして、スピーカー交換を目論んだ形跡があるが、結局情けない音に慣れてしまってどうでもよくなってしまった。(笑)
16.5cmの欧州DIN規格のスピーカーならトレードインで簡単に交換可能。99/5時点ではSONY製品で対応製品が発売されている。