No.12 エアロパーツのその後(98/06/27)走行距離510km

雨ばかりでホトンド乗ってないのでとくにどうということもないのですが、雨に関する情報を。
別に雨漏りとかしてるわけぢゃないんだけど、ドアのピラーが屋根にも少し回り込んでるから、雨降りにドア(特にリア)を開けると、屋根とドアの境に溜まった水がドバッと落ちて必ずやシートがかなり濡れちゃいます。しょうがないんだけど、注意したほうが精神衛生上いいかも。
エアロパーツについてですけどね、やっぱサイドステップ交換すると、標準ステップの取り付け穴が見えちゃうのはどうしようもないってことらしいです。パテ埋め&塗装しかないってさ・・・あ〜あ・・・信じられんなぁ。
ところで・・・・・・。最近ちょいと気になるというか・・・ええんかいなコレってことをひとつ。

梅雨の合間の蒸し暑い日中とか、エアコンかけてちょっとした渋滞とかゆっくり走行したりするでしょ。すると上がるんですよ水温が。真ん中が90度なんだけど、針が左へ傾いちゃう。(感覚的に100度くらいかな?)
さらに、走ったあとにエアコン付けてアイドリングとかしばらくしてるときも90度越えの気配が。
なにかおかしいのかと思ったけど、各種オイルとか点検してるときにハタと気づいた。 ボンネット開けるとすごいの熱気が。んで、やっぱおかしいんかコレ?って思ったけど、もしかしてねー冷却まずいんじゃないかって。
よくエンジンルーム見てみるとねー、ラジエターにフレッシュエアがあたる空気の取り入れ口が非常に少ないんだなコレ。あの三角形のアルファの紋章のとこと、(ここはスリットになっていたりする)その下に四角い切り込みがバンパーにあるところくらいしか無いような気がするんですよ。
んで、エンジン下はアンダーカバーでしょ、下からの冷却も望めなければ熱い空気の逃げ場も少ない。
実はバンパーの切り込みも冷却対策の苦肉の策かな?・・・って思ったりしました。それまではデザイン上の単なるアクセントなのかなって思ってたけど。
コレってどこの雑誌も書いてなかったと思うけどねー、冷静に考えてみるとこれはまずいかもしれんぞってハタと思いました。・・・・と思ったら98/8月号のくるまにあにちゃんとかいてありますねー。サスガは福野礼一郎先生、庶民の味方。

おいらのは2リッターなんでまだいいかもしれませんが、V6の方はもっと熱量高いんじゃないでしょうか?。正直、これから夏本番。もっと暑くなるのに今でこんなでは・・・・・。渋滞なんかにハマったら水温計には十分注意を怠るべからず・・・・う〜む。
V6ユーザーの方、このあたりはどうでしょうか?「おーおいらのもおんなじ〜」とかありましたら教えてくださいな。


はみだしコラム(99/05)

エンジンルームの熱気はやはりヌケがうまくないと思う。今後、ゴム系の劣化が心配なところ。特にタイミングベルト系が要注意。ところで、この頃既に床上浸水の水攻めを食らってるハズなのだが、哀れ全く気づいていない(笑)
熱の話もいいが、ちゃんと足元見とかないからヒドイ目にあうんだなコレが(笑)