富士山(3,776m)登頂の記憶

日程: 2005/8/7
天候: 晴れのち曇り
メンバ: 久野完、橘達彦、林謙次、向井友弘、神谷泰宏
撮影: FUJI FinePix F710 他


3Dマップと登山ルート

3Dマップ登山口登山道ご来光山頂お鉢巡り下山道

須走口を深夜に出発し、赤色の登山道を登って青色の下山道を下りてくる日帰りのコースです
火口を一周する『お鉢巡り』の途中で最高峰の剣が峰に到達します
(コース上をクリックすると、その場面の写真に飛びます)

登山ルート断面

高低差マップ

今回の登山ルートの高低差を示すマップです。

※3Dマップ・登山ルート断面図は、カシミール3D で作成しました。


1. 須走口登山口(五合目)

写真

夏休みの週末とあって21時の時点で駐車場は一杯
路肩に停めて仮眠を取る

写真

午前1時、須走口を出発

2. 須走口〜七合目

写真

足元をヘッドランプで照らして進む

写真

山頂までの山小屋の灯が点々と見える

写真

写真に撮れないのが残念だが、満点の星空だった
流れ星も見ることができた

写真

新六合目の長田山荘にて休憩

写真

今のうちに水と食料の補充を

写真

高山病予防で、今回は酸素を持ってきた

写真

仮眠が少なかったため、皆眠い

3. ご来光(本七合目あたり)

写真

午前4時、早くも空が明るくなってきた

写真

雲がきれいだ

写真

雲海からのご来光(本六合目付近にて)

写真

山肌が赤く染まる

写真

夕焼けのような風景

写真

暫くのんびりとした時間を楽しむ

写真

オンタデの花も陽の光を浴びて輝きだす

4. 八合目〜山頂

写真

途中から自衛隊の一団がずっと同じペースで登っていた

写真

七合目あたりから砂場のような道が続く

写真

だんだん雲が広がって雲海のようになってきた

写真

左手に下山道を下ってくる人たちが見える

写真

山小屋の入り口に立つ鳥居をくぐる

写真

本七合目の見晴館で休憩

写真

外国人with犬に話しかける向井

写真

トイレ待ち

写真

下山の団体ツアー客とぶつかる
すごい人

写真

休憩の回数が多くなってくる

写真

砂ぼこりが凄いので、マスクやバンダナをした人が多い

写真

八合目あたりで
山頂が近づいて、土が赤くなってきた

写真

山頂が見えてきた
あと少し

写真

鳥居を潜ってゴール
でも本当のてっぺんは火口の反対側の"剣が峰"

写真

登山客で賑わう山頂の店

写真

朝飯(昼飯?)を食べて休憩
(しるこ甘過ぎ!)

5. お鉢巡り

写真

元気を取り戻して(?)
火口を一周する『お鉢巡り』に出発

写真

初めて見る、富士山の火口

写真

南西の風景
何とか太平洋まで見える

写真

富士登山駅伝なるものをやっていた
自衛隊が登ってたのはこのためか

写真

リポータのそのまんまH

写真

お鉢巡りも中盤
意外に時間がかかる

写真

「日本のてっぺん」は目前

写真

最後の上り坂を一歩一歩登る

写真

頂上の富士山測候所

写真

雲海

写真

頂上にて記念撮影

6. 下山道

写真

下山する頃にはガスが出始めた

写真

ここから名物の「砂走り」

写真

砂煙を立てて真っ直ぐに駆け下りる

写真

「砂走り」を終えて

写真

この辺りから所々に花が見られる

写真

ホタルブクロと言うらしい

写真

下山道脇に咲く薄紅色の花

写真

最後の休憩所。残り2km

写真

ここからは林の中を歩く
途中から登山道に合流

写真

午後3時、下山


登頂の記憶・Home
Homeに戻る