燕岳(2,763m)登頂の記憶

日程: 2002/8/23〜24
天候: 曇り時々小雨 / 小雨
メンバ: 蜷川徹、神谷泰宏
撮影: CANON IXY DIGITAL 300


3Dマップと登山ルート

3Dマップ登山口合戦小屋まで燕山荘まで登頂燕山荘

2日目は黄色のルートで下山する予定でしたが、
天候が思わしくなかったため、 赤色のルートを往復しました。
(コース上をクリックすると、その場面の写真に飛びます)

登山ルート断面

高低差マップ

今回の登山ルートの高低差を示すマップです。これを往復です。

※3Dマップ・登山ルート断面図は、カシミール3D で作成しました。


1. 登山口

写真

駐車場で出発の準備

写真

登山口の標識

2. 登山口〜合戦小屋

写真

最初の3〜4時間は
木々の間をひたすら登っていく

写真

今回のコースはアルプス三大急登の
一つに数えられているとか

写真

合戦小屋まで資材を運搬するケーブル

写真

ここの登山道は所々に
休憩用のベンチが用意されている

写真

第2ベンチでエネルギー補給

写真

隣の有明山か?

写真

合戦小屋に到着

写真

「合戦小屋」の由来が書かれていたが、忘れた

3. 合戦小屋〜燕山荘

写真

野鳥を発見!
綺麗な声で鳴いていた

写真

視界が開けてくる
遠くに見える鋭いシルエットは槍ヶ岳

写真

目指す燕岳の山頂も見えてきた

写真

燕山荘から見える燕岳の姿が美しい
(燕が翼を広げたように見えることから、その名が付いたらしい)

4. 燕岳登頂

写真

山荘からは片道30分程度

写真

花崗岩の奇岩が多い
一番右のは「イルカ岩」と呼ばれているらしい

写真

振り返ると燕山荘が小さく見える
東側の斜面には濃い霧が出てきた

写真

分岐の標識
ゴールは近い

写真

山頂に到着!
狭いので写真を撮るのも一苦労

写真

先に見える頂は北燕岳

写真

山荘の方角を見る
その先には、⇒大天井岳⇒槍ヶ岳へと続く
『北アルプス表銀座』の稜線が続いている

写真

山荘に戻ってからの燕岳
見事に片側の斜面だけ霧がかかっている

5. 燕山荘

写真

燕山荘と燕岳

写真

1泊する燕山荘の前で

写真

山荘での晩飯は、どこも意外にちゃんとしたメニュー

写真

山荘のオーナがホルンの演奏と山の話をしてくれた

写真

真剣に聴き入る登山客たち

6. 下山

写真

翌早朝、深い霧がたちこめ、ご来光は拝めそうにない

写真

支度を整え、山荘を出発
北燕岳経由を断念することになり、少しガッカリの表情

写真

出る時は雨は降っていなかったが、
最初からカッパを着て下山

写真

一瞬、晴れ間も見えた

写真

第1ベンチで最後の休憩
最後まで小雨が降ったり止んだりだった

7. 高山植物

写真

合戦小屋にて
燕岳は『花の山』らしい

写真

紫の○○

写真

トクヤクリンドウ・・・というやつかな?

写真

チングルマ

写真

なんと、ブルーベリーも(ラズベリーもあった)
熊が食べに来るとか

写真

・・・

写真

花はこんなに綺麗なトリカブト

写真

う〜ん

写真

燕岳のシンボル・コマクサ
北燕岳までの途中に群生地があるらしいが、今回は残念ながら見られなかった


登頂の記憶・Home
Homeに戻る